/ 最近 .rdf 追記 編集 設定 本棚

脳log[20200511] AtCoder Beginner Contest 167/F 問題 Bracket Sequencing



2020年05月11日 (月)

最終更新: 2020-05-17T00:26+0900

[AtCoder] AtCoder Beginner Contest 167F 問題 Bracket Sequencing

 わからない。提出 #13147757 (WA)

解説 PDF で考え違いを教えてもらおうと思ったら解説動画しかなくて、うんまあ、じゃあいいや。(追記) 13日の現在はPDFもあるみたい。

これを読んでも間違っているとされている定義のどこに問題があるのかわからんのだよね。果たしてそれで解けるものか。>「競プロでよくある「バランスのとれた括弧列」の定義が壊れがちな話 - notブログ

 まだわからない。提出 #13156522 (WA)

正規表現の ?* に変えたことで、AC は増えたけどまだ WA がある。

こういう生成スクリプトでテストした結果、最初の提出で使用した正規表現パターンに問題が見つかった。

def puts s
	re = /(?<p>\(\g<p>?\))/ # バグあり。提出 #13147757 より。
	re = /(?<p>\(\g<p>*\))/ # 意図通り。提出 #13156522 より。
	t = s.gsub(re,'')
	print "#{t.empty?}:\t#{s}\t#{t}\n"
end

L,R = '('*5,')'*5
10.times{
	puts L+((L+R).chars.shuffle.join(''))+R
}

LR = '()'
10.times{
	puts 10.times.inject(''){|s,| s.insert(rand(s.size+1),LR) }
}

そうするともう、提出したスクリプトは完全に自分の意図通りに動作しているはずなんだけど、WA がある。書き間違いではなく、考え違いがある。

 そっか、)( 型の s を連結する順番によって結果が変わる。

)))()((( の2つの s があるとき、連結のしかたによって )))((( が残る場合と )( が残る場合に分かれる。)( を残した方が 'Yes' と答えられる確率が高くなる。

 提出 #13158713 (AC / 1014 ms / 16076 KB)

 バグがありますよ。)( 型の文字列が1つだけのときに必ず No と答えてしまいそう。

今現在 Ruby で一番速い提出は 498 ms だ。>すべての提出 - AtCoder Beginner Contest 167

再帰ありの正規表現(※矛盾した表現)を使ってる時点で勝ち目はない。左括弧の数が負になれないのに気をつけながら、左括弧と右括弧を対消滅させながら、左括弧と右括弧がいくつ残るかを数えればいいんだろうけども。

 問題はそこではなかった。>提出 #13160001 (AC / 821 ms / 14380 KB)

しかたない、省メモリを売りにしていこう。>すべての提出 - AtCoder Beginner Contest 167

ソートを必要としてないあたりで(※)ちょっとは有利を得てもよさそうなもんなんだけど、トップの提出はソート対象を )( 型に限るなどしてる。※ループ内で2要素のソートもあかんか?

 これが限界>提出 #13174623 (AC / 533 ms / 14308 KB)

 ちなみに

( 型の文字列を最優先に、)( 型のうち ( 優位のものを優先的に、最後に ) 型を、という感じで連結していくのがストレートな解答らしい。

3つの型の文字列を統一的にソートすることもできるし、)( 型だけソートしてもいい。

自分はどれもソートしてないんだけど、)( 型の中から1番目と2番目に条件のいい文字列をピックアップするための比較演算()( 型の文字列1つにつき1~2回)が重くてソートした方が速い。